米国スタートアップ「ThreeKit」が1000万ドル調達 製品開発などに投入

3Dモデル制作のプラットフォーム「ThreeKit」を運営する米・スタートアップThreeKit社は、1000万ドル(約11億円)を資金調達した。今回の出資は、クラウド見積もりサービスを提供する企業BigMachinesの創業者で、起業家のGodard Abel氏が実施した。ThreeKit社のCTOであるBen Houston氏によると、今回調達した資金は人材獲得や製品開発、ビジネス部門などに投入されるとのこと。
Source: 週刊アスキー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする