「義理よりカネ」の不条理に翻弄された、元組長の悲劇

まるで「ギリシャ悲劇」
山口組5代目組長の若頭補佐だった中野太郎氏。ある事件を機に組から絶縁され、やがて自らの中野会を解散、カタギになる。『悲憤』は氏からの聞き書きを、かつて界隈におられた作家宮崎学氏が物された。
’97年夏、神戸市のホテルで4人の男が発砲した。山口組若頭宅見勝氏が死に、無関係な歯科医師も死んだ。何があったのか。
田岡一雄3代目病没後の跡目争いがやっと終結。5代目体制が船出したが、
Source: 芸能のニュースまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする