2億年前の化石に残る人知れず勝手に移動する「さまよう岩」の痕跡が恐竜絶滅の謎を解き明かすかもしれない

100kg以上もある巨大な岩が人知れずズルズルと移動するという現象「さまよう岩」の痕跡が2億年前の化石から発見されました。研究チームは、このさまよう岩の痕跡が「三畳紀末の恐竜大量絶滅」の謎を解き明かすと主張しています。

続きを読む…

Source: GIGAZINE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする