プレゼントはあえて「いい加減なラッピング」にした方が喜ばれる

2019年に実施された市場調査では、世界中で年間151億ドル(約1兆6524億円)がギフト用包装製品に費やされていることが示されており、多くの人がきらびやかなラッピングや、きちんとした包装で贈り物を包むことに気を配っている様子がうかがえます。しかし、消費者心理学に着目した新たな研究により、むしろいい加減なラッピングにしたほうが喜んでもらいやすい場合があることが判明しました。

続きを読む…

Source: GIGAZINE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする