自称「妖精の友人」が養殖場の建設計画に「妖精が男を海に引き込んで殺す」と異議申し立て

スコットランドのスカイ島郊外のFlodigarryで計画されていたサケ養殖場の建設計画について、「妖精の友人」を名乗る何者かが「海中の妖精の命を脅かしている」「男性の養殖場職員は妖精にいざなわれて、海に溺れるだろう」という抗議文を提出したと、地元紙のThe Scotsmanが報じています。

続きを読む…

Source: GIGAZINE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする