スポンサー広告
実践3ヶ月で50万円稼いだせどり手法を公開します 少ない資金と時間で手堅く稼ぎませんか?

【戦場の絆】「Rev.4.27」にアップデート! 「Zガンダム」など既存機体に調整が入る[PR]

スポンサー広告

バンダイナムコアミューズメントは、アーケード用ドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム『機動戦士ガンダム 戦場の絆』を12月17日に「Rev.4.27」にアップデートしました。

リビジョンは「Rev.4.27」へ! 「Zガンダム」再調整ほか多くの既存機体も変更点あり

『機動戦士ガンダム 戦場の絆』は12月17日に「Rev4.27」へと更新されました。それにともない、既存機体9機体の調整も行われています。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

●地球連邦軍

・近距離戦型機体

「ジム・コマンド/ジム・コマンド(宇宙戦仕様)」はAPが全セッティングで15増えました。

「ガンダム5号機」はサブトリガ武装の「ハイパー・バズーカ」の追加コスト10が削除、空中セッティングまで含めAPが全セッティングで15増加しています。

「リゼル」はメイントリガ武装の「ビーム・ライフル」の追加コストが10低下し+10に。APが全セッティングで5増加となっています。

・射撃型機体

「ガンダム6号機」のサブトリガ武装「300mm低反動キャノン砲A」の装弾数が3→5発に増加しました。

「Rev.4.26」で調整の入った「Zガンダム」は、メイントリガ武装の「ハイパー・メガ・ランチャー」のモビルモード時の性能に調整が入っています。

リロード時間は1.5カウント増え、連射間隔が開き、発射硬直と発射遅延が増えています。中間点威力も低下。総じてみると、「Rev.4.25」以前と「Rev.4.26」の中間的な火力になっているといえそうです。

●ジオン軍

・近距離戦型機体

「ザクII改」はAPがホバーセッティング含め全セッティングで15増加。

「高機動型ザク(R-1A)」はサブトリガ武装の「クラッカー」のリロード時間が1.6カウント減少。APは全セッティングで15増加しました。

「ガザD(袖付き)」はメイントリガ武装の「ナックル・バスターC」の追加コストが20→10に緩和。全セッティングでAPが5増加しています。

・射撃型機体

「ジュアッグ」のサブトリガ武装「3連装ロケット・ランチャーC」は装弾数が倍増。2セット(12発)装填に増えています。


©創通・サンライズ


Source: AppBank