米倉涼子が病気を経験して優しくなる? 『ドクターX』への意欲も増してテレ朝も安堵か!?

テレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6シリーズ(10月17日スタート)の制作発表記者会見が10月7日に行われ、主演の米倉涼子が撮影直前に「低髄液圧症候群」を患っていたことを告白した。
 めまいや吐き気などの症状がある「低髄液圧症候群」。一時期は撮影開始も危ぶまれる状況だったようで、同作の医療監修を担当する脳外科医に相談し、アドバイスなどを受けたことで快復したという。会見を取材し
Source: 芸能のニュースまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする