子どもの脳のエネルギー消費が肥満リスクに関係するという仮説

子ども時代の初期には摂取エネルギーの半分近くが脳で使われます。体重はエネルギー摂取量がエネルギー消費量を上回った時に増加することから、新たに「小児期の脳におけるエネルギー消費は肥満リスクに影響を与える」という仮説が論文として発表されました。

続きを読む…

Source: GIGAZINE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする