iOS13ではFaceTimeでフロントカメラを見つめているように視線を修正する機能があるらしい

目を見て話せば、話すこともポジティブになるかも。
AppleがFacetimeの親密さをアップさせる新機能をテスト中です。iOS13のベータ版には「FaceTime Attention Correction」という機能があり、ユーザーがカメラを見つめてるように視線を自動修正してくれます。
アプリデザイナーのMike Rundleがこの機能の存在を最初に指摘しましたが、米GizmodoもiOS13の…
Source: ギズモード・ジャパン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする