Instagramビジネス養成講座

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第二十九回「摂津晴門の計略」光秀の運命を左右する近衛前久との出会い

明智光秀(長谷川博己)が幕臣として腕を振るい始めた大河ドラマ「麒麟がくる」。10月25日放送の第二十九回「摂津晴門の計略」では、幕府の政務を取り仕切る摂津晴門(片岡鶴太郎)が、文字通りの策士ぶりを発揮。将軍が与える領地を利用して、光秀を巧みに罠に陥れた。火ぶたを切った2人の対決の行方が気になるところだが、それと同じぐらい光秀の運命を左右しそうなのが、近衛前久(本郷奏多)との出会いだ。
近衛前久役
Source: 芸能のニュースまとめ