チョコレートの評価は「味」以外でも左右されることが判明

チョコレートを食べる時に重要なのはもちろん「味」ですが、実際には「舌で味をどう感じるか」はパッケージの影響を受けることが研究で判明しました。風味・香り・質感といった感覚的な事柄と、パッケージ素材・ブランドといった外的要因を消費者がどう受け取るかは異なる問題ですが、味とパッケージが合致していないと、最終的な味の評価も下がるそうです。

続きを読む…

Source: GIGAZINE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする