【大鶴義丹 やっぱりOUTだぜ!!】あの頃、YouTubeがあったら… 現代の子供たちに増えたSNSという「選択肢」

 子供YouTuberとして活動し始めた「少年革命家・ゆたぼん」はいじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」「死にたくなるくらいなら学校に行くな」と強いメッセージを発信し賛否両論を呼ぶ大きな話題となっている。
Source: zakzakに掲載されている芸能ニュースの見出しを提供

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする