Instagramビジネス養成講座

絶品の鴨鍋が堪能できる!明治の旧家を活かした「とりなご久兵衛」【京都 明智光秀ゆかりの地 ファムツアー】

とりなご久兵衛_008

京都府は大河ドラマ「麒麟がくる」の人気を受け、秋の行楽シーズンに向けた京都府の魅力発信のため、プレス関係者向けに「明智光秀ゆかりの地ファムツアー」が実施された。本ツアーでは、浪速のカリスマ添乗員として知られる府文化観光大使・平田進也氏の同行のもと、地元の明智光秀愛好家やガイドのここでしか聞けない解説付きで名所の数々を巡った。
1日目はJR福知山駅からスタートし、鴨すき・鳥料理で有名な「鳥名子」の系列店「とりなご久兵衛」で昼食をとった。

■明治の旧家を活かした「とりなご久兵衛」
「とりなご久兵衛」のお店は、丹和銀行の創設者で、京都銀行頭取を務めた片岡久兵衛氏の本宅を改装した建物だ。

「とりなご久兵衛」の入口は、高級料亭を彷彿させる作りだ。

とりなご久兵衛_009

建物は、明治、大正、昭和期に建てられた3棟を平成で改修した。
趣のある部屋で、ゆっくりと鴨すきを楽しめる。

とりなご久兵衛_001

これが「とりなご久兵衛」の鴨すきだ。
お昼の鴨すきは1人前3,000円。2人前から注文できる。
ネギの白い部分を山盛りにするのも、お店の特徴のひとつ。

とりなご久兵衛_007

まず鴨のつみれを鍋に入れて、鴨のうまみを出汁にうつす。
鴨肉をしゃぶしゃぶしたら、出汁を吸ったネギと一緒にいただく。
鴨のうまみが口いっぱいにあふれて非常に美味しかった。
つみれは火を通しても固くならずにフワフワの触感だ。

とりなご久兵衛_004

鴨すきの〆は、自家製蕎麦にした。鴨の旨みの出汁で、蕎麦がうまい。
蕎麦のほかに、うどん、ラーメンも注文できる。
お腹に余裕があれば、最後に雑炊を楽しんでみよう。

とりなご久兵衛_006

店内では、美しい日本庭園を楽しむことができる。

とりなご久兵衛の庭

店舗情報
店名:とりなご久兵衛
住所:〒620-0022 京都府福知山市下柳12番地
電話:0773-23-1366
営業時間:昼 11時〜14時(ラストオーダー 13時30分)
     夜 平日・土曜 17時~23時(ラストオーダー22時)
     日・祝祭日 17時〜22時(ラストオーダー21時)
休業日:12/31〜1/4
駐車場:有り

とりなご久兵衛_010

京都府
鳥料理専門居酒屋「鳥名子」

カルチャーに関連した記事を読む
バーガーキングの半額キャンペーン、看板メニュー「ワッパー ジュニア」が180円
動物達をユーモラスに捉えた作品群!Philippe Salaün写真展「猫や犬など動物達」【Art Gallery M84】
「à nu Shohei Shimono」で味わう!「めぐる新潟」メニュー試食会レポ
これ一つで究極のリラックス!サンコー「寝る!置く!4in1変形リラックスアウトドアチェア」
味と色が変わる「ファンタ インスタミックス」体験! やきとり家すみれ史上最大の割引





Source: ITライフハック