【伝説のDJ大橋照子 やっぱりラジオはアメリカン】「ラジアメ」時代の忘れられない思い出… ファンとのバスツアーが「水天宮」だったワケ

 1980年代の伝説の深夜ラジオ「ラジオはアメリカン」(ラジアメ)は、リスナーとのつながりを重視する姿勢が特徴だった。初代パーソナリティーの大橋照子は、そんなリスナーたちを、今も“弟”のように大切に思っているという。
Source: zakzakに掲載されている芸能ニュースの見出しを提供

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする