【報ステ】なぜ命懸け…移民が通る危険地帯の実態1

動画を見る(元記事へ) 移民集団『キャラバン』のほとんどはホンジュラスやグアテマラなど、中米から来ているが、実は、いま中米以外の国々からもアメリカを目指す移民が増加している。その移民たちは“ダリエンギャップ”という危険なジャングル地帯を越えて、その先のアメリカを目指す。なぜ、移民たちは命懸けの旅をするのか。取材した朝日新聞『GLOBE』の村山祐介記者がスタジオ生出演する。
Source: 芸能のニュースまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする