駿河太郎、カジュアルな服装を必死釈明「これは俺なりの正装です」

俳優、駿河太郎(40)が13日、京都市内で開催中の「京都国際映画祭」(14日まで)で先行上映された主演映画「文福茶釜」(大畑拓也監督、20日公開)の舞台あいさつに登場した。
 「普段からむことができない吉本の芸人さんがたくさん出ているので、撮影のときは楽しかったです」
 直木賞作家の黒川博行氏の同名小説が原作。関西を舞台にもうけをたくらむ男たちが容赦なくだまし合う。登壇したタレントの村上ショージ(
Source: 芸能のニュースまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする