草なぎ剛、山崎光と向き合うシーン「自分に合う前貼りがなくて…」

 俳優、草なぎ剛(44)が16日、東京・テアトル新宿で行われた映画「まく子」(鶴岡慧子監督)の公開記念舞台あいさつにW主演の山崎光(15)、新音(にのん=14)と登壇。山崎扮する主人公の父親役で息子とパンツを下ろして向き合う場面について、「山崎くんは前貼りをしたんだけど、僕は自分に合う前貼りがなくて」と告白。「役者魂、見せました。前貼りなしで(2度も)頑張りました」と胸を張って笑わせた。
Source: サンスポ 芸能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする