なぜ北極と南極のオーロラは形や色が違っているのか?

地球の極地において観測されるオーロラは、緑や赤の光の帯が空に広がる幻想的な天体ショーであり、古来から多くの人々を魅了してきました。そんなオーロラは北極側と南極側で似通った発光パターンを持つものの、観測される光には違いがあるそうで、研究者たちが「なぜ北極と南極のオーロラは形や色が違うのか?」という謎について調査しています。

続きを読む…

Source: GIGAZINE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする