堀内恒夫氏「体が冷たくなって死んじゃうかと思ったよ」財布騒動を振り返る

プロ野球元巨人監督の堀内恒夫氏(71)が16日、ブログを更新。14日に「財布をすられた」と告白したが、自身の勘違いで自宅にあった騒動を振り返った。
 「家を出る前にセカンドバックの中の黒い手帳をお財布と勘違いしたのが始まりでね 持ってると思い込んでたんだなぁ」と反省。「で、ありがたいことに帰る直前までお財布を出すことがなかったのよ。それで孫にお土産を買おうかなと思ったところで気がついたってわけ」と
Source: 芸能のニュースまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする