AWS LambdaでRuby 2.6 カスタムランタイムの作り方 | 44bits.io

AWS LambdaでRuby 2.6 カスタムランタイムの作り方 | 44bits.io

AWS LambdaでRuby 2.6 カスタムランタイムの作り方 | 44bits.io

はじめに AWS Lambdaで公式サポートしていない言語やバージョンを使用したい場合、カスタムランタイムCustom Runtimeを使用することができます。カスタムランタイムは、使用したい環境を直接ビルドしてLambda Functionを実行する機能です。 今回のre:Invent2018ではプログラミング言語Rubyの公式サポートを発表しました…

はてなブックマーク - AWS LambdaでRuby 2.6 カスタムランタイムの作り方 | 44bits.io はてなブックマークに追加

Source: はてなブックマーク人気エントリー テクノロジー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする