Instagramビジネス養成講座

「毒グモの毒」から副作用と依存性の少ない鎮痛剤が開発される、オピオイドの代替として期待

モルヒネやヘロイン、コデイン、オキシコドンなど、ケシから採取されるオピオイドは医療用麻酔の一種で、がん用の鎮痛剤などとして使われます。しかし、呼吸抑制や幻覚、高い依存性など、オピオイドには副作用も多いことから、オピオイドの代替となる薬の開発が急がれています。そんな中、毒グモが分泌する神経毒を基に鎮痛剤を開発する研究が報告されています。

続きを読む…

Source: GIGAZINE